借金 複数 返し方

借金の返し方 返済方法はいくつか選べる

 

どの方法を選ぶのか

 

借金は返済することが必要です。でも返済できなくなったらどうすれば良いのでしょうか。

 

お金がなかったら借金返済を継続することはできません。こんな時に他の借入をすると多重債務になります。

 

最後の手段ですが、債務整理という借金返済方法もあるのです。

 

借金返済は計画的に

 

借金を効率的に返すコツとして「計画性」が挙げられます。漫然と借り続けていると借金は膨れ上がるだけです。

 

カードローンを上手に利用している人は、利用する際に返済計画をある程度立てています。

 

だから、残額が残ることなくすんなり完済しているのです。そして、利息の金額も最低限で済みます。

 

上手な返済方法

 

このように計画的に返済していると借金返済で苦しむことはありません。

 

借金の元本はわかっているはずですから、できるだけ早く返済することを考えるのです。

 

借金とは、将来の収入を前倒しで使うことであり、借りた後の収入は返済を優先すべきことを知っていれば借金問題とは縁遠くなります。

 

そして、返済できないような借金は最初からしないことが大切です。

 

カードローンもすぐ返せます

 

このような姿勢で借金をすれば、元本返済をスピーディーにできるでしょう。

 

カードローンであっても、上手に利用する人は繰上返済を積極的にしているため、残額が滞留しないのです。

 

そして、完済が早いので利息の金額も最低限に過ぎません。

 

とかく悪者に仕立て上げられるカードーンですが、上手に使っている人もいます。

 

カードローンの便利さを最大限に使い切っているのです。

 

最低返済額のワナ

 

契約の内容に注意

 

しかし、カードローンで借金返済に困る人はこのようなことができていません。

 

最低返済額という言葉を真に受けて、その金額しか返済していないのです。

 

最低返済額は、多くても借りた金額の5%程度に過ぎません。

 

利息を支払い、コンビニATMなどの利用手数料を控除したら残額はほとんどないでしょう。

 

その金額しか返済しなければ元本がいつまで経っても減らないのは当然です。

 

利息しか返済していません

 

最低返済額の設定は、利息だけは確実に回収できるようにしています。

 

ただ、あまり多額にすると利用されなくなるため、必要最低限の金額に留めているのです。

 

このことを知っている人は、繰上返済をして借入残額をゼロ付近に留めるように努力しています。

 

最低返済額だけの返済をしている人の多くはこのことを知りません。

 

そして、お金が足らなくなったからと追加借入をするため、更にローン残額が増えてしまいます。

 

元本は減りません

つまり、最低返済額だけ返済していても元本はなかなか減りません。

 

もちろん徐々に減るでしょうが、完済までにどれだけかかるかわからないでしょう。

 

そのうち追加借入をしてしまったら、もっと完済が遅れます。

 

多重債務にならないコツ

 

返しても減らない借金

 

借金返済の方法は繰上返済をして早く完済するパターンと、最低返済額しか返済せず元本が減らないパターンに分かれます。

 

そして、多重債務に陥るのは後者のパターンです。

 

元本が減らないまま追加借入をするので、借入限度額を使い切ってしまいます。

 

そして、別の消費者金融で借りてしまうのです。

 

2社目の借入は危険

 

多重債務に陥ると返済不能になる可能性が一気に上がります。

 

これは、返済ができないということもありますが、このような事態になる人の多くが返済を最低限にしようとしているからです。

 

このような人が2社目の借入をすると、そのまま3社4社と膨れ上がります。

 

2社目の借入に手を出してしまったら危険信号だと認識すべきでしょう。

 

返済額は手取り収入の4割が限度

 

借金返済ができなくなる原因は、返済資金が不足することです。人間誰しも収入がなければ生活できません。

 

そして、手取り収入から住居費や食費などを支払って生活しているのです。

 

そのため、借金返済に回すことができる資金は、一般的に収入の4割が上限だと言われています。

 

これを越えたら借金返済は現実的ではなくなってしまうでしょう。

 

最後の手段

 

借金についての質問、相談をしてみる

 

では、借金返済ができなくなってしまったらどうすればいいのでしょうか。

 

借金返済ができなくなってということは収入が足りないことを意味していますが、将来的に収入が増えなければ返済は絶望的です。

 

弁護士に相談しよう

 

借金返済ができなくなったり、支払が苦しくなったりしたらあまり我慢せずに債務整理を得意とする弁護士に相談することをお勧めします。

 

我慢を続けても事態は改善しません。それどころか、借金が増加して債務整理が難しくなってしまう可能性が高いです。

 

債務整理も借金返済の一つの方法

 

債務整理をすることに抵抗がある人もいらっしゃるでしょうが、債務整理も借金返済の一つの方法なのです。

 

自己破産のように返済をしない方法もありますが、それ以外の債務整理は債務負担を減らして現実的に返済させる方法と言えます。

 

下手に自分だけで返済しようとしても、収入が少なければ完済は絶望的です。

 

早めに債務整理を得意とする弁護士に相談して完済に向けた対応をすることが大切でしょう。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。