任意整理 とは

任意整理とはどういうことなのか

 

任意整理のメリットは何か?

 

債務整理の中で一番「マイルド」な方法として任意整理が挙げられます。

 

任意整理は、債権者である消費者金融などが文字通り「任意」で債務整理に応じることを言います。

 

処理内容は定型化されているので、スムーズに処理が進みやすい反面、効果は限定的です。

 

任意整理とは弁護士を交渉役にして、消費者金融との借入契約を現実的な返済計画に基づく契約に変更する債務整理をいいます。

 

追加借入はできなくなりますが、3年程度の返済スケジュールに沿って元本だけ返済すれば、利息が免除になる和解をすることが一般的です。

 

元本返済は必要ですが、消費者金融のように利率が高い借入をしていると、毎月の返済が利息だけに消えているでしょう。

 

その返済が元本返済に充てられるのであれば、完済というゴールが一気に現実的になります。

 

利息減免がメリット

 

債務整理の中でも任意整理では、利息がなくなることが一番大きなメリットになります。

 

任意整理はお互いの話し合いによるものなので、最終的な話し合いの結果は異なりそうに思えます。

 

しかし、ひとつのガイドラインがあり、それに沿って運用しているのが現実です。

 

利息がなくなることで元本返済に自分の資金を集中させることができるのが最大のメリットではないでしょうか。

 

費用も少なくて済みます

 

また、任意整理は他の債務整理に比べて費用が少ないです。

 

弁護士に支払う費用は、自己破産の場合は50万円程度、個人再生の場合は60万から70万と言われています。

 

これに対し、任意整理は対象とする消費者金融の数によって決まり、1社5万程度です。

 

4社の任意整理をする場合でも20万程度と、他の債務整理より負担は少なくなります。

 

利用者は一番多い債務整理手続き

 

任意整理は多くの人が行っている

 

任意整理は債務整理を得意としている弁護士が無料相談を受けると真っ先に検討すると言われる債務整理の方法です。

 

なぜなら、依頼者の負担も費用も一番少ないですし、解決までの時間もさほどかかりません。

 

任意整理の可能性を探ったうえで、無理だと判断したら別の個人再生や自己破産の検討に移るようです。

 

ダメージが少ないとは?任意整理は大丈夫です

 

任意整理は依頼者のダメージが少ないと言われます。

 

個人再生や自己破産のように官報に掲載されることはありませんし、裁判所に出頭することもありません。

 

家族などに内緒にしたいのであれば、弁護士とメールだけのやり取りで完了させることができます。

 

比較的ローコストの債務整理法

 

任意整理はコストがかからない債務整理です。

 

個人再生や自己破産は手間がかかるので、コスト高になります。

 

特に債権者との交渉が必要で、しかも元本カットが必要になる個人再生は時間もコストも必要になりがちです。

 

これに対し、任意整理は、ある程度定型化されたスキームで処理するので、早期解決ができます。

 

もちろん早く終わるので、コストも最低限です。

 

信用情報機関に登録されるのは5年間〜

 

任意整理のデメリットとは何?

 

とはいえ、任意整理にもデメリットがあります。

 

最大のデメリットは信用情報機関にブラックリストとして登録されることではないでしょうか。

 

信用情報機関は日本にいくつかありますが、一つでもブラックリストとして登録されると、借入ができないばかりかクレジットカードの発行もできなくなります。

 

つまり「後払い」の取引がすべてできなくなるため、スマホの機種変更も分割払いができなくなり、現金一括払いになってしまうのです。

 

5年間はブラックリスト入りを覚悟

 

ブラックリストとして登録されると、最低5年間は登録が消えないので、5年間不自由な生活が続きます。

 

また、その後も信用情報に全く事績がない「スーパーホワイト」という状態になるため、クレジットカードの審査に通りにくくなります。

 

免除した金融機関とは取引できない

 

また、任意整理に応じてくれた金融機関は今後一切取引に応じてくれません。

 

これを社内ブラックといいますが、信用情報機関のデータは消えても消費者金融などの内部データは永遠に消えないのです。

 

大手金融グループに属する消費者金融を相手に任意整理をする際は、ちょっと注意が必要でしょう。

 

自分の判断だけでなく専門家のアドバイスも

 

専門家に話を聞いてみることも

 

任意整理は自分だけではできません。弁護士などの助けが必要になります。

 

任意整理は一つの共通形式のようなものがあり、それに沿って進められています。

 

しかし、それを知っているのは弁護士だけですし、消費者金融なども弁護士相手でない限り応じてくれません。

 

専門家には無料で相談できる

 

任意整理をする際には、自分に本当に任意整理が必要かどうかを判断することも必要です。逆に任意整理では対応できないかもしれません。

 

このような判断は自分で判断するのは困難なことです。

 

プロである債務整理を得意とする専門家に話を聞いてみることはメリットはあってもデメリットはありません。。

 

話を聞いてみてから判断しても大丈夫

 

債務整理を得意としている弁護士は、初回相談料を無料としていることがほとんどです。

 

相談に来る方がお金に困っていることを相談しに来ていますし、いざ相談するとなると勇気も必要になるもの。

 

無料の相談で「弁護士に相談」というハードルを低くしているのです。

 

また、任意整理を始めると債務額を確定するため弁済はいったんストップします。

 

そのため、毎月弁済していた費用が浮くはずなので、その資金を弁護士報酬に充てることも可能です。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。