自己破産 とは わかりやすく

自己破産とはどういうことなのか

 

自己破産して心配なこと

 

自己破産とは、裁判所に対して自分はもう借金が返済できないから、財産をすべて処分して清算して欲しいと申請することです。

 

自己破産をする人の多くは、財産と呼べるものがありませんから、手続を進めることなく借金返済を免除する決定をしています。

 

自己破産とは、破産法という法律によって裁判所が申請者の債務をすべて免責することを言います。

 

裁判所が法律に基づいて審査をして、免責を決定するので強制力があり、消費者金融などはこれに従わなければいけません。

 

債務なくすることが目的

 

自己破産をすると債務がなくなります。ただ、その条件として申請者が財産を全て差し出し、それを換金することで債権者に対して弁済する必要があります。

 

弁済が終わるとそれ以上返済することは不可能ということで裁判所が債務を返済しなくていいと免責決定をするのです。

 

自己破産を申請する人は、財産はほとんどなく、財産を売却しても債務の弁済はほとんどできません。

 

債権者側もどうしようもなく、免責決定を認めるしかありません。

 

ほとんどのケースでは同時廃止

 

実際に自己破産をする人は、財産と呼べるものが全くない人が多いです。

 

アパートに住み、自動車も持たず、預金残高もゼロに近いという状態でしょう。

 

そのため、財産を換金するとはいえ換金する財産がありません。

 

この場合、破産手続を開始しても仕方ないため、裁判所がすぐに「同時廃止」という処理をします。

 

この場合、すぐに債務弁済が免責になり、債務が消滅します。

 

自己破産をするとどうなるか

 

自己破産の手続きを始める

 

では、実際に自己破産をするとどうなるのでしょうか。

 

先ほど述べたように、自己破産をすると財産は没収されます。

 

ただ、財産没収と言っても、全ての財産を取られてしまうわけではありません。必要最低限の財産は残してくれます。

 

例えば、預金であっても99万円以下の残高であれば取られませんし、生活に必要な資産として自動車が必要であれば自動車も取られません。

 

もっとも、その辺りの判断は微妙なので、弁護士などに確認することが必要です。

 

下手に財産が残っていたということがバレると、せっかく自己破産をしたのに詐欺行為だと訴えられる可能性もあります。

 

財産がなければ早めに処理が終わる

 

財産と言えるものが全くない人であれば、破産手続はスピード終了します。

 

裁判所も破産事件を多く抱えているため、しっかり審理する必要がない案件は早く終わらせたいのです。

 

自己破産をする人の多くは預金残高もなく、消費者金融などの支払に追われて給料のほとんどが返済資金となっていることが多いです。

 

この状態で破産手続を続行しても意味がないことは明らかでしょう。

 

だから「同時廃止」という処理が多くされています。財産がなければ早めに終わるのです。

 

自己破産で助かることと心配なこと

 

自己破産で助かったこととは

 

では、自己破産をすることで債務者は救われるのでしょうか。

 

自己破産は債務整理の中で最大の効果があります。

 

債務がすべて消滅し、借金弁済義務がなくなるのです。

 

もともと破産法は、弁済できないほどの借金を抱えた人の負担を取り除いて人生を再出発させるための法律です。

 

このメリットにより自己破産をした人が人生再出発を果たすことができるでしょう。自己破産により救われるのです。

 

消えない官報データに懸念も

 

しかし、自己破産もメリットばかりではありません。自己破産をすると官報に掲載されます。

 

官報は新聞のようなもので、毎日発行されています。ただ、読んでいる人はほとんどいません。図書館に置いてありますが見ている人は皆無です。

 

ただ、官報はデジタル化されています。PDF形式で発行後1カ月は誰でも見ることができる状態になっています。

 

自己破産申請後、官報掲載が2回されますが、その都度怪しげな来訪者や不気味なダイレクトメールが大量に届くのはこのためです。

 

また、記憶に新しいのが官報の自己破産者データを収集してネット上に公開していたケースがありました。

 

官報に掲載されていたものとはいえ個人情報をいたずらに誰もが一覧できるようにするのは違法行為といえます。

 

メリットもデメリットもあるから慎重に見極めを

 

自己破産によるメリット・デメリット

 

このように自己破産にはメリットもデメリットもあります。あまり軽々しくできるものではありません。

 

特に官報は一生データとして残り、消えないことは知っておくべきです。

 

このように自己破産にはメリットもデメリットもあります。

 

とかくメリットに目が行きがちですが、官報に掲載されることで将来思わぬデメリットを被ることがあります。

 

メリットとデメリットを両方検討してどうするか決める必要があるでしょう。

 

専門家にアドバイスをもらうことも

 

ただ、このような決断を自分だけですることは難しいです。そのため、プロである弁護士に依頼することが必要でしょう。

 

債務整理を得意とする弁護士は、初回相談を無料としていることがほとんどです。

 

また、自己破産申請をすると債務弁済がストップするため、今までの返済資金で弁護士費用の支払もできます。

 

悩んだり、自己判断で自己破産を申請しようとしたりするのは望ましい処理ではありません。

 

自己破産するかどうかはともかくとして一度、借金問題のプロといえる弁護士、司法書士などに相談してアドバイスをもらってから判断するのもいいでしょう。

借金滞納のトップページへ戻る借金を滞納している時の対処法はこちらからトップページをご確認ください。借金返済に困った時の対策を紹介しています。